初心者でもよくわかるtoeicとは

日本における公的な英語の資格試験といえば、真っ先に実用英語検定、通称英検が連想されると思います。しかし多くの場合、英語力を判定するには、英検よりもtoeicの方が客観性は高いと判断されるようになり、企業をはじめこちらのテストを重視するようになってきています。この試験では初級者でも上級者でも全く同じ問題が課され、合格不合格という基準はなく、得点が何点であったか、が評価の対象となります。現在世界150ヵ国余りで共通の問題が出題され、受験人口は益々増加しています。得点次第では大学入試から英語試験が免除されたり、単位の認定、さらには企業における昇級・昇進・海外赴任者の選抜などの参考とされています。また、求人にあたって応募資格を700点以上のスコアを持つこと、などとしている企業もあります。

toeicとはどういう内容の試験か

toeicとはtest of English for international communicationの略であり、英語によるコミュニケーション能力を評価するテストです。普通はlistening & reading test通称L&Rを指し、聴解試験と読解試験からなります。また受験人口が増え、英語習得の目的が多様化していることを受け、speaking & writing通称S&Wという、話す・書くに特化した試験も行われるようになりました。さらにまた、英語学習の入門者向けに、bridge testも行なわれるようになっています。いずれも合格・不合格という区分はなく、そのテストにおいて何点獲得したかが評価の対象となっています。L&Rにおいて高得点を得るには聴解・読解・語彙・文法の要素がバランスよく学習されていることが求められますので、英語の実践的能力を評価するには非常に良い試験ということができます。

この試験が英検より敷居が高いと思われるのは何故か

このように社会的評価が高まっている試験ではありますが、一方で取っ付きにくいと考える人も多く、その理由もある程度は理解できるものです。それはやはり、この試験で高得点を得るには聴解・読解・語彙・文法の能力が高いレベルで釣り合っている必要があるからです。では英検はどうでしょうか。例えば英検2級を考えてみましょう。筆記試験においてこのランクでは、高校上級相当の実力が求められます。しかしそのレベルは筆記試験においてのみであり、聴解試験や二次の面接試験での英語は一段も二段も低く設定されています。これは日本の英語教育の実相を反映しているのでやむを得ないのですが、だからこそ日本人の英語は読解がある程度のレベルに達していても、書けない・話せない・聴き取れない、したがって何年も学んでいるのに英語が使い物にならない、という状況に陥っているのです。バランスの良い英語力が必要とされる所以です。