toeicを受けるメリットとは

日本独自で行なわれている英語の資格試験といえば、真っ先に実用英語検定、通称英検が連想されます。英語の修得度を段階的にチェックするには非常に良い方法です。たとえば高校生で英語が得意であれば、高校上級という区切りを付けている英検2級にチャレンジできます。また大学での勉強を終了した人向けには英検1級が用意されています。いずれも得点によって合格・不合格のジャッジが行なわれますので、挑戦のしがいがあるというものです。とはいえ今日の社会では、英検よりtoeicがより重視されています。この試験は世界150ヵ国で同じ問題が出題され、合格・不合格というジャッジではなく、何点獲得できたか、がその評価となります。したがって初心者でも上級者でも全く同じ問題がかされます。

社会で通用する英語力のはかりかた

企業をはじめとした社会的組織は、その対象がグローバル化しているため、そのメンバーに英語力を求めています。さしあたり英語が必要とはならない部署においても、求人に応募する資格として何らかの英語力を求めることが多々あります。そして入社後も、自己啓発として研鑽につとめた人には、昇級や昇進、あるいは海外赴任に選抜されるなどの評価がもたらされます。ではその英語力は、どのような方法で評価されるのでしょうか。多くの場合はtoeicでの得点に注目しています。そしてその得点は、多くの場合700点が目安になります。英検の級の方が分かりやすいという人には、700点という得点は英検の2級かそれより少し上、ということになります。したがって高校上級、難関大学の入学試験相当ということができるでしょう。

toeicで高得点をとるためには

この試験では、英語力がより客観的に評価できる、というメリットがあります。そのため評価の基準としては、英検よりこちらの方を重視するケースが増えています。しかし求人で選考基準となる700点というと、そう簡単に取れる得点ではありません。大学に進学した人でも、多くの場合は英語力のピークは大学受験時である、という人が圧倒的に多いのです。そのため英語の学習を習慣としていなかった人は、英語力はこれを境に低下してしまいますので、就職活動の時に700点を要求されても応えられないという事態に陥ります。そのためこの試験で高得点をマークするには、まず定期的に受験すること、そして次回の得点を目標化し、語彙や文法そしてリスニングのスキルを継続的に上げて行かなければなりません。社会人になってから勉強し直してこのレベルに達するのは、かなり難しいと言えます。

「本物の英語力」を養い、TOEICの得点アップにつなげます。 本校は、優秀な講師陣によって練られたカリキュラムで効率的で効果的に講義を行うことで、生徒のスコアにその成果が結果として現れています。 当スクールでは、英語力の向上に効果的な指導を行っており、レベルに応じたきめの細かい指導によって目標達成へ向けたサポートを行います。 日曜日には講師による学習カウンセリングを実施。 【toeicとは】気になる方はこちら